2010年夏、椰子の木の似合う街 タイ・バンコクへ越して来ました。


by non_bk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カメラを持って * ワット・サケートへ

お昼の気温は29℃。
ここ数日、過ごしやすい気温のバンコク。 珍しく一日中雨が降ったり止んだりの天気が2日ほど続いたけれど、今日の午後になって青い空が戻ってきました。


一眼レフカメラを手にして1年余り。 はたから見ればカッコだけは一人前ですが、実際の腕前はゴニョゴニョゴニョ・・・、大きな声では語れません。 笑 
美しい写真を見る度、いつかこんな写真が撮りたいなと思ってはみるものの、最近のデジイチは初心者にも優しい造りになっていて、ついつい操作の楽~な方へ。 気が付けば1年経ってもあまり変化の無いままでした。汗  
引越し前に新たにレンズも入手したことですし、これでは流石にいけないでしょう・・・という事で、金曜日はタイ語の後にカメラのクラスに参加しました。

これが、テクニック以前の問題で、目からウロコの話が沢山。(あくまで私の場合) 

疑問に思えば聞くことも出来るけれど、疑問にも思っていなかったことの数々。 思い切って参加してみて良かったなと。

その翌日、実習でバンコク市内にあるお寺に出かけるというので、こちらも良い機会と参加してみました。
今回伺ったのはワット・ケサート。 日本の観光ガイドには出ていないかも知れないけれど、こちらの方に聞けば誰でも知っている、高台に金色に輝く仏塔を持つお寺です。 
(写真中央に薄く写っているのがその仏塔。 螺旋状にお堂へ続く階段があります。)

b0204337_17402142.jpg



この日は生憎のお天気。 傘をさしながらの撮影は正直ちょっと面倒だけれど、先生曰く、「水溜りも覗いて見てください。 意外と面白い景色が広がっていますよ。」 
なるほどねぇ・・・・。


何を撮影するかは全く自由。 始めは気負いもあったけれど、途中からはそんな事も忘れ、あれもこれもと目に付く物を片っ端から追っていました。

まずは、お寺で飼われていた老犬。 何とも気持ちよさ気にお昼寝中。


b0204337_1831953.jpg


お休み中すみませんが、横顔もちょっと見せてね。


b0204337_1834674.jpg


水滴をまとった蓮の花。 グラデーションが美しいでしょう? 雌しべはボタンみたい。


b0204337_1812712.jpg
 
    
グルグルと続く螺旋上の階段を上っていくと、鐘が現れます。 どうやらこれを鳴らしながら上っていく模様。
子供を連れたお父さん、一つ一つ鐘を鳴らしていました。 
ご利益があるのでしょうね。真偽の程は分らないけれど、私も1つ、2つ鳴らしてみます。 


b0204337_18161633.jpg



更に登って行くと、「あ、壁にカタツムリ発見」 望遠レンズでぐぐっと寄ってみます。
あぁー、君そんな感じになっているのね。 


b0204337_1835639.jpg


階段を上りきるとプーカオトーン(黄金山)のお堂に到着。 眼下には、木に覆われたワット・ケサートのオレンジ色の屋根が見えます。


b0204337_19253084.jpg


一番上まで上がってみると、360度景色が開けました。
小雨が降ったり止んだりの中、熱心に祈りを捧げる人々。


b0204337_19141329.jpg



願い事が書かれたベル。 祈りを捧げる人達が仏塔の周りを歩きます。


b0204337_18525881.jpg


誰かがお供えして行ったポアン・マラーイ(レイ)と風にはためくタイの国旗。


b0204337_18481119.jpg




階下のお堂にお供えされた蓮の花。


b0204337_191145.jpg


 
ひっきりなしにお堂を訪れる参拝者。 仏様が身近に存在しているタイの人々の暮らし。
合わせた手に蓮の花とお線香を持って祈ります。


b0204337_1973525.jpg


2時間近くお邪魔をしていたでしょうか。 そろそろお暇する事になりました。
風雨にさらされ錆の浮いた鐘。


b0204337_19314921.jpg


おっと、忘れていたと水溜りを覗いてみたけれど、降りだした雨にかき消されて何も見えませんね。


b0204337_19425941.jpg


はたと顔を上げてみたら、えぇー、私置いてきぼりじゃん・・・汗 
でもこの模様、ちょっと面白いんじゃない? とカメラを構えてみる。


b0204337_19454986.jpg


もと来た場所に戻ったら、寝ていたワンコが起きていました。  


b0204337_19472676.jpg



時折り先生の撮った写真をモニター画面で覗かせて貰ったところ、そこには私の見た物とは違う世界が広がっていました。 光の具合やアングルで、こんなに素敵な世界や時間が切り取れるのかと感動。 
今年は写真も頑張るぞっと。



 
[PR]
by non_bk | 2010-10-18 18:15 | お出かけ