2010年夏、椰子の木の似合う街 タイ・バンコクへ越して来ました。


by non_bk
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カナダで出会って * 東京で再会。

夕方の気温は26℃。 
かなり涼しめのバンコク。 最低気温は15℃位まで下がったらしく、今朝は寝室の窓から吹き込む風の冷たさに目が覚めました。


ブログの不調は相変わらず続いています。 毎回ではないけれど、昨日もアップした記事が消滅・・・ う、悲しすぎる。 涙
 
  
昨日の続きになりますが、
日本滞在3日、4日目は最近パソコンを習い始めたという母のお手伝い。 アラフォーならぬアラセブンで突然奮起。 今までそういう事は全て父頼みだった母。 それならと気軽に引き受けるも、気付けば私も難しいことはいつも夫頼み・・・汗 いけませんね。  


4日目の午後は大急ぎで新幹線乗り、名古屋から東京へ移動。 
品川で降り、いそいそと向かったのは汐留にある CONRAD 東京、お相手は医療キャスターとして活躍するmadokaさん。 昨年のバンクーバーオリンピックの際、ご主人の仕事の関係で半年ほどバンクーバーで生活をされていて、共通の知人を介して知り合い、意気投合♪ その後 ご夫妻は東京へ、私達はバンコクへとやって来ましたが、東京に立ち寄る機会があったら是非お会いしたいと思っていた1人です。 


待ち合わせ場所は彼女の選んでくれたホテルの28F にあるバーラウンジTwenty Eight。 贅沢にも一面のガラス窓から浜離宮を眼下に望むロケーション。 コンテンポラリーな雰囲気が素敵なスペースでした。 


b0204337_1213530.jpg



久し振りに、そして初めて東京でお会いするmadokaさんは、バンクーバーでのリラックスした様子とは少し異なり、何処かキリリとして、そしてしっかりキャリアを重ねている大人の女性といった雰囲気。 そんな彼女にちょっとドキドキ。 でも、声を掛けた瞬間に浮かんだ人懐っこい笑顔はそのままでした。  
カバン持ちさんが長女なら、私が次女で、彼女はさしずめ良く気のつくしっかり者の 三女。 こだわりのお土産をいつもさり気なく渡して下さる、そんな心配りの出来る素敵な女性です。 
色々と考え悩みつつも努力を続け、そして前進を続ける頼もしい末妹の姿に、マイペースな次女は背筋がピンと伸びる思いがしました。


b0204337_12143391.jpg




夢中になって話していたけれど、気が付けば日も沈み、窓の外には東京の夜景。 名残り惜しいけれど、次の約束の場所へと移動をする時間になり、再会を約束してお別れをしました。



b0204337_1215483.jpg




その夜は、元上司、同僚や後輩と丸の内ブリックスクエアで賑やかな夜を過ごしました。 私以外は現役だけれど、退社後十数年たつのに未だにメール1つで召集をかけてくれる元上司には感謝!
翌朝は、ランチまでの時間を惜しんで、友人を呼び出しカフェでキャッチアップ。


その後は偶然にもまたまたブリックスクエアにある、mikuni MARUNOUCHIである女性とお昼をご一緒しました。


b0204337_12155733.jpg




彼女と知り合ったのもカナダ。そしてトロント生活も終盤に近づいた頃。 年齢は私より8歳~10歳は上と思われますが、2人でも、夫婦4人でも、時には真剣な話を含めとても楽しい時間を過ごすことの出来る貴重な方。「妻として」どうするべきか迷った時、「彼女ならどうするだろう?」と考えたら、自然と正しい答えを導いてくれるような、そんな尊敬する女性の1人です。 それでいて、いつも少女のように好奇心旺盛でキラキラとしていらっしゃるところがまた魅力。

春に帰国されたばかりなのに、次の春にはご主人の関係でまた地球の何処かに引越す事になるだろうと話されながらも、持ち前の行動力とキャリアで 有名な、 某 ドクターを海外の紛争地に送るNPO団体のサポートも始められたとか。 ともすると目的を失いがちな状況でも必ず出来る事はあると今回も教えて貰ったような気がします。


さて、レストランの方ですが、地産地消と、美味しい江戸東京野菜をふんだんに使用する事にこだわった、他のMikuniにはないナチュラルフレンチがコンセプト。 料理の素材は勿論、味付けや食器に至るまで和とフレンチの融合が見事。 東京産の素材はどれも深い味わいでした。


b0204337_12163047.jpg
 



カナダで出会って東京で再会をして・・・ 友情に距離や過ごす時間の長さは関係ないのだと改めて実感。

2人の素敵な女性から沢山の良い気を頂いて、私は私の持ち場でベストを尽くさなくては・・・と、思いを新たにしました。
 
[PR]
by non_bk | 2010-12-17 21:32 | 日本