2010年夏、椰子の木の似合う街 タイ・バンコクへ越して来ました。


by non_bk
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

クラビ旅行 * 魔法の時間

夕方の気温は28℃。
朝はパラパラとこのシーズンには珍しく小雨が降っていましたが、いつの間にか止んだ模様。

この数日、キッチンのドレインパイプがつまり気味でした。 色々試してみましたが、どうにも悪化していくばかり・・・汗 環境に良くない強い薬品は出来るだけ使いたくないので、重曹&お酢や夫も動員して色々試してみましたが、根本的には解決せず。 今朝は遂にゆるりゆるりとしか水が流れて行かなくなって、シンクの中がプール状態。 あわわわ・・・  これはマズイということで、夕方管理の人に見に来てもらうことになりました。 
バンコクではこの場合どうするのかなぁ・・・と思っていたら、現れた男性の右手には棒と一体化した見慣れた大きな吸盤、そうですクラシックな彼がバンコクでも登場しました。 笑 そして彼お得意のバフバフ、ジャブジャブをして貰うこと数分。 頑固な詰まりも目出度くすっきり解消、元通りになりました。  くるくると渦を巻いて流れて行く水を見るのはまことに気持ちが良いものです。 それにしても、トロントでもお世話になった頼れる彼、世界中で活躍しているのですね。 



長々と続いているクラビ旅行記ですが、今日で終了です。

滞在3日目は良いお天気、キレイな夕焼けを楽しみにしていたところ、期待以上のサンセットに出会うことが出来ました。 写真撮影の好きな人たちは、陽の沈む前後の時間をマジックタイムなんて呼ぶそうですが、この日は私もマジックタイムに遭遇。 ビギナーでも雰囲気のある写真が撮れてしまいます。 
夫がベット状のブランコの上でゆったり過ごす中、私はカメラ片手に行ったり来たり・・・。 だって15分前に写した景色が、光の加減で全く別のものに見えるのです。 刻々と変わっていく空の色や海の色、逆光に濃さを増していくシルエットを追いかけて、やっぱり沢山撮ってしまいました。    
      

スパの帰り道、傾きかけた陽が作り出す中庭の景色を愛でる。



b0204337_1921595.jpg



ビーチバーから長く長く伸びる夕日の作った影。


b0204337_2124646.jpg



穏やかな海に クルーザーの作った波の鱗はキラキラと輝き・・・



b0204337_2051847.jpg



海の上には夕陽のつくる道が現れ、


b0204337_21142416.jpg



砂の上には家に帰った誰かの道しるべ。


b0204337_20523718.jpg



闇を照らすランプに明かりが灯され・・・


b0204337_21351235.jpg





b0204337_21285533.jpg



やがて、茜色の空は、夜の蒼を帯びてピンクに染まり始めます。


b0204337_21414951.jpg





b0204337_2132416.jpg



そして海は藤色の水を湛え。


b0204337_2056868.jpg
 




b0204337_21272922.jpg



やがて日も沈み、訪れる蒼の世界。


b0204337_21455257.jpg



闇が訪れる前の魔法の時間。


b0204337_21491541.jpg

[PR]
by non_bk | 2011-01-12 20:48 | 旅行