2010年夏、椰子の木の似合う街 タイ・バンコクへ越して来ました。


by non_bk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日は * お料理デー

11月18日(金)、お昼の気温は32℃。 
暑いです・・・。 が、湿度は50%と低めなので、窓を空けていると良い風が入ってきます。


今日は朝からお料理デー。 

ゴボウをザクザクと刻んであく抜き。 時間が無い時はとても笹がいたりしていられないのですが、意外とこの切り方も簡単な上歯ごたえがあって気に入っています。 (面倒くさがりの言い訳…?)
その下ではゆで卵を冷却中。



b0204337_15252997.jpg





そして、こちらは韮とおネギいっぱいの餃子。 こちらもやっぱり時間が無いのを言い訳にプリーツの粗いこと。
包んだ後はトレーに並べて冷凍庫へ。 その後バラバラにしてジップロック入れ、再び冷凍庫へ。 ここまでして置けば後はフライパンに並べて焼くのみです。



b0204337_1547844.jpg




その他、わが家お馴染みのお惣菜の数々。 (数々という程はありませんでした。)
野菜がたっぷり食べられます。



b0204337_15542030.jpg




それから焼き豚(煮豚)を2 ブロック作り冷蔵庫へ。 

さっきのゆで卵はというと、おでんになりました。



なんでこんなにお料理しているかといいますと…。 今夜11/18(木)のフライトで日本へ行きます。

2週間ほど前一度は企てましたが、あまりに突然で日本での予定がたたず諦めたのですが、やはりこの辺りで1度日本に行くことにしました。 

チケットを取ったのは1週間を切ってから。 今回も充分突然です…。 


実はすっかりバンコクでの暮らしも落ち着いたようなつもりで、そんな事を書いていました。 
が、トロントからバンコクへの引越し、明らかにトロントでは必要だったけれど、バンコクでは永久に出番のなさそうな物が多々あります。 例えばロングのダウンコート、ウールのロングコートも一時帰国用に一枚あれば充分。 レザーのハーフコートもカビが生えそうで怖い…。 などなど、そういった品々は日本のトランクルーム行きにしていました。 ところが、これらの荷物は別送品扱いになるそうで、旅行の時同様、入国審査の際税関での申告が必要です。 

で、私達はといいますと、トロント→バンコクへの引越しの際、成田滞在は乗り継ぎのみ。 成田空港には降り立ったけれど日本に入国はまだしていませんでした。 
という事で、そのダンボール10箱分の荷物は、未だカナダの運送会社さんの倉庫に。 
トロントの冬もそろそろ本番を迎える頃ですし、ミシサガ辺りにあるであろう寒そうな倉庫の状況を考えると、そろそろ空調完備の日本のトランクルームへ送ったほうが良いのではないかと…。

とは言ってもせっかく一帰国するわけですから、友人知人との約束を沢山、沢山入れました。 ピークは東京23日でしょうか、 朝、昼、夜、お泊りの部と4部構成です。  ちょっと欲張りすぎですが、どの約束も外やっぱり諦められません。
 


そんなこんなで、多忙な夫はバンコクに残し私1人帰国をするものですから、今日は留守中の夫の食事を作りためておりました。

その他、焼き魚も冷凍しましたし、これで暫く生き延びて下さーい。 
トロントの頃と違い、ご近所には1人でも和食が食べられるお店が沢山あるので、今回は夫にも 「作り置きは要らないよ」 と言われたけれど、 やっぱりお留守番中の食生活が気になる私…。汗 
それって単なる世話焼きたがり…?それとも天の邪鬼…?!

  
 
~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~


只今11/21(日)、名古屋の実家に滞在中です。 
出発前に時間をどうにかやりくりしてアップした所、「何とかエラーにつき前のページへお戻り下さい。」と目を疑いたくなるメッセージ。 戻ったところ綺麗にすべて消えておりました…涙。 プレビュー画面が残っていたので、文章のみ何とか救出。 そんな訳で時差のあるアップになりました。 

只今日本は紅葉のまっ盛り。 特別なことは何もしていませんが、母と紅葉狩りや桜並木のお散歩などを楽しんでいます。 明日東京に移動しまーす。


この場を借りて、
11/21生まれの親愛なるMさん、お誕生日おめでとう♪ 
プライベートもお仕事もますます充実した1年になりますように。   
目指せトロント#1 の猛獣使い! 

アドレスを持ってき忘れ直接連絡できずごめんなさい。
[PR]
by non_bk | 2010-11-18 22:46 | 料理
夕方の気温は28℃。 
「お願いだから曇って・・・」と空に向かってお願いしたいような、そんな晴れた1日でした。


最近ちょっと忙しく更新をしていませんでしたが、とっても元気にしていまーす。 
申し込みをしたタイ語のクラスも先週金曜日で無事一段落。 振り返ればとても長い道のりだった様な、あっという間の出来事だったような・・・。 取りあえず途中でギブアップすることなく続けられて今はホッとしています。 
今週、来週と2週ほどお休みをした後は、週2、3回程度にペースを落としまたタイ語の勉強を再開する予定。 余った時間で今まで出来なかったその他のことにもチャレンジ出来たらなと思っています。


この数日間、いやはや実に良く乗り物に良く乗りましたー。
土曜はローカル列車に乗って漁港へ撮影旅行。 このローカル列車が何というか本当にすんごいローカル列車で・・・。(その話はまた時間のある時にしますね。) 1時間乗って10バーツ(約30円)と言ったら少し想像してもらえるでしょうか。 笑  
今日は再びカメラを持ってBTS=スカイトレインに乗り、そしてチャオプラヤー川で船に乗り替え、10年振りにワット・プラケオへ。 乾期に入ったタイは観光客も多くなり、この有名なお寺もご他聞に漏れず多くの人で賑わっていました。 
そして暑かったことー。 汗 汗 汗


b0204337_23364129.jpg



船着場からお寺に向かう途中の道で、こんなカワイ子ちゃんに遭遇しましたよ。 
まだ手の平に収まってしまいそうな小ささの子猫ちゃん。 尻尾も私の小指ぐらいの太さ。 
よほど眠かったのか、「なーんでそんな所に入っちゃってるの?」 と、聞きたくなるような、5cm程の小さな小さな隙間に入り込んでいました。 笑  眠そうな目と、てろーんと力の抜けちゃってる手足が可愛いー。 次の瞬間にはもう目をつむっていましたよ。



b0204337_239031.jpg
 

連れて帰りたいー。



 
[PR]
by non_bk | 2010-11-15 22:54 | お出かけ
お昼の気温は27℃。 
最低気温の予報は16℃。 その温度になっている頃は熟睡中と思われるので、果たしてこんなに涼しいのかは疑問ですが、最近こんな感じの日が続いています。 
カナダで年中使っていた薄掛けの羽毛布団を、成り行き上バンコクに持ってきた話を知人にしたところ、「バンコクでも使える、使える、1週間位!」と言っていたのを思い出しました。 
ひょっとして今がその時・・・?  日本で言えば秋の初めの様な気候でしょうか・・・。


先週末のこと、友人夫妻が間もなく来タイする予定があり、ちょっと下調べも兼ねて夫とランチに出掛けました。

伺ったのはスクンウィット、ソイ23 にある Baan Khanitha(カニタさんの家の意)服飾デザイナーのカニタさんのレストラン。 ガイドブックにも必ず出ている有名店で、日本から遊びに来た時コンラッド・ホテルの裏手にあるお店に行ったことがあります。

今日行ってみようかと話しつつも他事をしていたら、気付けば既にオーダーストップの2時近く。 すっかり美味しいタイ料理を食べる気でいた私はかなりガックリ・・・。 ベットにそのままダイブして放心状態で居たところ、哀れがって夫が電話で確認をしてくれました。 もともと週7日営業の上、なんと今は1日通しで営業しているとのこと。 ラッキー♪ 

外観は意外と普通・・・。 


b0204337_13255042.jpg


で、扉を空けるとこんなタイの雰囲気たっぷりでした。 


b0204337_13592499.jpg



格子の向こうにあるダイニングスペースに通され、席について店内をキョロキョロ。
古民家風に設えてある店内はあまり作りこみすぎず、落ち着けます。 立派な梁を見上げてみたら、飴色に色付いた帽子がかけてありました。


b0204337_13511861.jpg



実は友人カップルの内1人は、タイ料理は好きだけれどココナッツミルクが苦手とのこと。 基本的に北部の料理には使われていないそうですが、ちょっとそんな宿題もあってやって来ました。

まずはコンプリメンタリーの1品。 色々なお店で頂きますが名前を忘れてしまいましたー。 
海老のXOジャンの様なペーストと、ライムやローストしたアーモンドの刻んだもの、干しえび、ピーナッツ、チリなどをお好みで葉の上に乗せてクルリと巻いて頂きます。
見た目も現物もちょっと厚みのあるゴワッとした感じの葉ですが、これが頬張ると香りがとっても良いのですよ。

夫はビールで、私はスイカのジュースと一緒に頂きました。


b0204337_14145822.jpg
 


その他、ココナツミルクを使っていなそうなものという事で、ポークのグリルとホタテのブラックペッパー炒め。 
ホタテの方は中華っぽいスパイシーな美味しさ、ポークの方は甘みも酸味もありタイ料理らしい美味しさ、上に載ったグレープとも相性抜群。
(因みにメニューはビーフでしたがポークに変えてもらいました。)


b0204337_14354115.jpg



一緒に頂いたトムヤムクンは他のお店には無い濃厚さ。 お店の方に伺ったところ、かなり白濁しているけれどこのコクは海老のミソをたっぷり使い出しているそう。 ちょっと塩味がきつめですが大きな海老が入って食べ応えあり。 

店員のお兄さんがとっても感じ良かったので、オーダーはしていないけれどプーパッポンカリー(カニのカレー) についても質問した所、こちらのお店ではココナツミルクは使わず、ミルクを代わりに使っているとか。 お、ここなら友人も食べられるだろうか・・・。 この辺りはやはり有名店ならではの安心感です。

デザートにハンドメイドのココナツアイスも頂いて幸せな午後。


b0204337_14495223.jpg



その後はぶらぶらお散歩しつつ、スーパーやパン屋さんをハシゴ。 カナダにいた頃は一緒に買い物するのが週末の日課でしたが、ここでは久し振りです。 行く先々で増えて行く荷物を次々と持たされ電池が切れた夫が、珍しく途中でお茶しようというのでコーヒーブレイク。


わが家に向かい歩き出した頃には、いつもの裏道も茜色に染まり始めていました。


b0204337_154621.jpg


 
大きな声では言えませんが、Lululu*トロント アップしました。
[PR]
by non_bk | 2010-11-07 13:05 | レストラン&カフェ
お昼の気温は28℃。
午後になって少し気温が上がってきたけれど、2週間前に比べたら格段に涼しくなったバンコク。


b0204337_1820557.jpg


 
夜はエアコンをかけて寝るほどでは無いけれど、扇風機を忘れると夜中に目が覚めていました。 ここ数日は寝室の窓を少々空けて寝れば何もいらない感じです。


日中は窓を空けていれば良い風も入って快適だけれど、意外と素足の足元が冷えたりします。 かといってソックスをはくほどでも無いのですよね・・・。 でもやっぱり冷えてます。 で、どうも温かい野菜たっぷりのスープが飲みたいなと思っているのか、気が付くと考えていること数回・・・・。 

今日立ち寄ったお店で美味しそうなトマトが売っていたので、ならばと、今日のお昼はトマトたっぷりのスープに決定。


b0204337_18233998.jpg
 


調理法はいたって簡単。 というか、思いつくまま、お気に召すままー。

お湯が沸いたらトマトをどぼーん。 湯剥きした後は種を除いてざく切りに、エシャロットやセロリも刻んでミキサーへ えいっ! と投入。 バジルも少々入れてミックス、ミックス。

美味しそうな野菜ジュースが出来上がったら、ちょっとだけペロリ・・・。 んっ? このままでも美味しいんじゃなーい?! ともう1人の自分の誘惑に負けそうになりつつ、ここは初心貫徹お鍋へ移します。

とろ火で少々煮詰めたら、美味しいお塩を少々。 トマトたっぷりのスープの出来上がり。 

ブラックペッパーを挽いてオリーブオイルを回しかけたら、あつあつトマトスープの出来上がり。 


b0204337_9584372.jpg
 


さぁー 食べようと思ったら、トウモロコシを電子レンジでチンしていたのを忘れていました。
一緒に食べたら美味しいかなと・・・スープにたっぷり入れてみたけれど、トウモロコシはトウモロコシ、そのまま食べたほうが甘さが際立ちますね・・・。 思いつくまま失敗です。 笑  



b0204337_18365162.jpg
  


このままパスタのソースにもなりそうなトマトたっぷりのスープ。 
あぢぢ・・・と言いつつ頂きました。 

ほー、あったまるー。


今晩はクラシックコンサートへお呼ばれの予定、行ってまいります。



 
[PR]
by non_bk | 2010-11-03 16:38 | 料理
お昼の気温は27℃。
数日前から乾期に入ったバンコク。 今日の最低気温は18℃ほど。湿度も低くなり日中でもエアコン無しで快適に過ごせるようになりました。 

日本語では「乾期」と訳されているけれど、タイ語では「ルドゥー・ナーウ」と言います。「ルドゥー」が「季節」で「ナーウ」は「寒い」の意。 タイ人にとっては寒い季節というわけです。 
お洒落さんなタイ人の女の子などは厚手のセーターを着ていたりします。 が、私はというとキホン日中はやっぱりノンスリーブに素足。 寒い季節といえどもバンコクにいる限り、やはり夏服からは脱出出来そうにありません。 笑


さて、前回の続きになりますが、特に何があったというわけでも無いけれど、写真を沢山撮ったのでお付き合いくださいね。

この日も快晴の1日。


b0204337_19114372.jpg


2日目は夫も私も日頃の緊張の糸が解けて、すっかり朝寝坊。 遅めの朝食をとった後は夫はプールサイドへ。 私は日陰に良いスペースを見つけてまったり。 お昼は待ち合わせて敷地内のイタリアンレストランで海を眺めつつ昼食を頂きました。

美味しい朝食を少々食べすぎたので、ガスパッチョ、ピザ、ビーツとブルーチーズのサラダを2人でシェア。  ガスパッチョはキンキンに冷えていて、サラダはビーツがたっぷり。 お野菜不足もこれで一気に解消♪
久し振りに食べたビーツが美味しかった。

b0204337_18422258.jpg



その後は敷地内のSix Senses Spaへ。 ラッキーなことに普段のメニューに30分スクラブやフェイシャルなどがフリーでプラスされるというプロモーション中でした。


b0204337_18535873.jpg



ハーブの香りで満たされたハーバルミストサウナに入った後は、夫はソルトスクラブ→オイルを使ったストーンマッサージ。 私はストーンマッサージ→フェイシャルをお願いしました。


b0204337_1915834.jpg



施術後はSpa 内のスペースでジンジャーティーとフルーツなど頂きクールダウン。
素足でいると意外と足元は冷えていたりするものですが、マッサージのお陰で体の芯からホカホカ。 ジューシーなフルーツやレーズンが飛び切り美味しく感じられました。


b0204337_19492558.jpg



世の中マッサージが嫌いと仰る男性も多いようですが、わが夫はSPA大好き。 2月ほど前、バンコクでお手軽プライスSPAに行ったときは、「まぁ、こんなもんでしょう・・・」位のことをのたまっていましたが、この日は感想を聞いてみたところ、ソルトスクラブもマッサージも「大変お気に召した」とか。
セラピストさんはとてもお上手だったそうです・・・。 ぷぷ。


夜は日が暮れてからSix Senses内のレストランへ。 
キャンドルの明かりだけが灯る蓮池に沈み込むような形でサーラ(東屋)と客席が作られ、何とも素敵。 
想像以上の雰囲気に早速カメラを取り出したところ、あれ、何か変・・・?! 
充電中の電池を入れ忘れておりました。 がっくり・・・・。  涙

ホテルのサイトから一枚拝借。 夜はもっと雰囲気があって素敵だったのに残念。
 

b0204337_1838695.jpg


時折り聞こえてくるのは虫の音色とカエルの鳴き声。 ロマンチックなレストランでした。
ゆっくりと夕食を楽しんだ後、フラリフラリとプールサイドに来てみると、月夜のプールサイドではオズの魔法使いが上映されていました。 長期滞在する人の為に毎晩色々なイベントが企画されています。 


b0204337_19514879.jpg



明くる月曜日は2人とも早起き。 6時台にはベットを抜け出し朝食に出掛けました。
アーリーバードにはやっぱり良いことがあって、レストランも昨日の賑わいとは打って変わって静かー。 


b0204337_19564351.jpg


テーブルだって、好きなところを選べます。


b0204337_19583551.jpg



こちらの朝食はヘルシーメニューを中心にかなりの充実ぶり。 例えばヨーグルトだけでもオリジナルでブレンドされたものが6~8種類。 マンゴー&バジルがたっぷり入ったヨーグルトが美味でした。 
 

b0204337_2044663.jpg



b0204337_20105964.jpg


オレンジを帯びた朝の光に包まれて頂く朝食の、なんとも美味しいこと。


b0204337_2011377.jpg
 



この後は水着に着替えてプールサイドへ。 


b0204337_20163244.jpg
 


その後はビーチサイドのバーで昼食をとって帰路へ着きました。


バンコクでの毎日は思いのほか忙しく、あっという間に過ぎて行ってしまいます。 
カナダでは8時過ぎに出かけていた夫も、今では渋滞を回避する為に5時半には起きだして、6時半に出かけてゆく日々。 また新しい土地で暮らすというのは、何処か自分でも知らないうちに頑張りすぎていたりするもの。
2泊3日のショートトリップではあったけれど、時計を気にすることも無く、何に気を使うことも無く、リラックスした良い時間を過ごすことが出来ました。 
まだまだ魅力的なビーチや島の沢山あるタイ。 息抜きがてらこれからあちこちと出かけられたらいいなと思っています。
  
 
[PR]
by non_bk | 2010-11-01 18:56 | 旅行