2010年夏、椰子の木の似合う街 タイ・バンコクへ越して来ました。


by non_bk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

やっぱり・・・

最近滞りがちのブログのアップですが、今日は夫の不在を良いことに、調子にのって3つ目をアップに取り掛かりました。

でも途中でやっぱり写真のアップが出来なくなった・・・。 最近復調したように見えたんだけれど、やっぱり調子が今一です。 ブログのというよりは、どうもPCの調子があまり良くない様子。  写真がかなり重くなっているはずなので、明日は重くなったデータをちょっと移してみよう。  
will see・・・
[PR]
by non_bk | 2011-06-19 01:51 | その他
夜の気温は29℃。
とは言っても今日はバルコニーにすら出ていません。 夫は友人達と1泊ゴルフ旅行中、妻は1日本を読んだりして過ごしておりました。


前回に続いて最近の近況を少しお話しますと、ゴルフをしております。笑


暑気に入ってラウンドのペースが落ちていましたが、カナダ旅行から戻って以来、暑さも気にせずラウンドしています。 自他共に認める練習嫌いですが、最近はより楽しく快適にラウンドする為にもと、レッスンに通い始めました。 ただ今フォーム改造中なり。 よって右肩上がりだったスコアは、最近ドロップダウン気味、色々考える事が多すぎちゃって少々混乱しております。汗 が、何時の日か、これらがまとまって再び上昇気流に乗ることを夢見て精進いたします。 因みに来週は友人とフアヒンのブラックマウンテンに日帰りゴルフに行く予定。 友人からのメールで5時半出発と・・・一体何時に起きたら良いのでしょう、私。



さて、話はカナダ旅行に戻ります。 ゴルフの翌日、時差ぼけで午後2時まで寝てしまい、その後chi_cor さん夫妻と再会した話は既にアップ済み。 その話はコチラ


b0204337_0373053.jpg



その翌日は、シアトルからサムことサマンサが会いに来てくれ、夫と3人麒麟でランチ。 アメリカ人に美味しい中華の味が分るのかと少々訝っていましたが、彼女今まで食べた中華の中でここが一番美味しいと・・・。 10年来の友人ですが、この日、意外と味の違いの分る女性だった事が判明致しました。 
その後は彼女が1度行って見たかったという 長いつり橋の有名な CAPILANO SUSPENSHION BRIDGEへ。  
沢山写真を撮ったけれど、怪しいサインがカメラに出ていて、帰ってチェックをしてみたところ、一枚も写っていませんでした。 涙

この冬にはSteveと2人バンコクまで遊びに来てくれるというので、その日を今から楽しみにしています。
サムと別れた後は、この時間決まって時差ぼけで眠くなる夫を置いてカメラ散歩へ。 この時既に夜9時近くまで明るかったバンクーバー。 コールハーバーは夕暮れ時のお散歩を楽しむ人で賑わっていました。


b0204337_0404071.jpg



b0204337_041951.jpg



前から見るとバラード入り江をバックに、海からジャンプしたように見えるシャチ。


b0204337_021369.jpg




が、後ろに回って見てみると、ダウンタウンを前に指揮棒を振るマエストロに見えました。 シャチの足元に見えるのは、オリンピックの聖火台です。 懐かしいなー。



b0204337_0304939.jpg



夕食はバンコク出発前から、絶対に行こうと決めていたオイスターバーRodney'sへ。 トロントにもお店があるけれど、わが家からはあまり近いとは言えず、結局行けず終い。 オイスター好きとしては心残りでした。


イェールタウンにある店内は、こんな感じ。 カジュアルでワイワイガヤガヤ、でも食材は最高。 こういう雰囲気のお店大好きです。


b0204337_11139.jpg



ボケボケですが、まずはオイスターを1ダース、色々と混ぜてもらってスタート。 近海で取れる牡蠣は最高にフレッシュで海の香りがまたいい感じ♪


b0204337_152178.jpg



途中、ムール貝やカキフライ、チャウダーも頂いたけれど、どれも美味。


b0204337_18420.jpg



最後はこの日初めて食べて気に入った「SHIGOKU」という小ぶりのオイスターを追加注文して終了。 やっぱり行って良かった。



b0204337_19597.jpg



この日も充実の1日でした。
[PR]
by non_bk | 2011-06-18 10:00 | 旅行
お昼の気温は32℃。 
最近はすっかり雨季に入ったバンコク。 日本の梅雨と違ってどんよりという感じではありません。 でも、何処からともなく黒い雨雲が集まって来たらご用心。 どっかりと雨が降りますから。


ブログの更新が一向に進まない最近ですが、元気に暮しています。 何しているのかしら・・・? と思っている方へ、こんな事もしていました。
最近あまり触れていないタイ語のクラス。 会話、読み書きともボチボチ続けています。 最近モチベーションが下がっていることを先生に見抜かれ、先日突然復習テストをしましょうということになりました。 とはいってもプライベート・クラス、かしこまった物ではありません。
口頭テストと勘違いして、" ほどほど " に勉強していったところ、先生がしたかったのは書き取りでした。  左のページに書かれた文章を読み上げられて、「質問になっていないじゃん…??」と思っていたら、「はい、書いて 」と。 私 「えぇーーー。」 汗
  

b0204337_15324644.jpg


タイ語には同じ音の文字が複数存在して、トーン(抑揚)の違いで文字が決まるのですが、ま、ま、まぁー、その他にも色々とお約束事がありまして・・・、大体の文字は漢字の様に暗記をしないと書けません。 ようは勉強不足、それゆえ沢山間違えました。  ははは・・・ 気長にがんばります。 


話はずっと溯ってバンクーバーでのこと。 リステルホテルさんでのチャリティージャズコンサートの翌日は、朝からゴルフに出かけました。



b0204337_1674073.jpg



Nさんが取ってくれたのは UBC。 背の高い針葉樹に囲まれたコースで、緑がとってもキレイ。 バンクーバーでゴルフをするのは初めてのことですが、秋から春まで良く雨が振ることもあってか、フェアウェイもグリーンもしっとり。 木目が細かく柔らかいグリーンは、まるで苔が敷きつめられているみたい。 暑いバンコクの芝とも、冬の寒いトロントの芝とも全く感触が違っていて面白かった。



b0204337_15564923.jpg



途中何かの視線を感じてそちらを見たら、視線の先には私に見つけられドキッとしているリス。


b0204337_16132694.jpg



だるまさんが転んだ♪ 再び目が合って固まっていたリス。 胸の前で組んだ手がなんとも可愛い。


b0204337_16142545.jpg

 

UBCからダウンタウンのホテルへ戻る途中に通った並木道。 新緑がキレイでした。


b0204337_22321264.jpg


この日は後半ハーフのベストが出たりして、初バンクーバーゴルフはとっても楽しいものになりました。 上手な女性とラウンドすると、不思議と釣られて良いスコアが出るものです。 ご一緒してくださった皆様、ありがとうございます。


その夜は、ゴルフでお世話になったNさんのファミリーと一緒に夕食を頂きました。 伺ったのは、久し振りのDIVA。 考えてみたら、夜うかがうのは初めてのこと。 


まずはバンクーバー近海で採れる美味しいオイスターでスタート。


b0204337_2245176.jpg



アペタイザーにはロブスター・ニョッキ。 しっとりとしてプリッとした仕上がったロブスターが絶妙。

b0204337_22492247.jpg


メインは夫はラム・サーロイン。私はシェリー風味のダックを頂きましたが、どちらも美味。 オリンピック後シェフが変わったとのことでしたが、やっぱりDIVA美味しいですね。 


バンコクへ越して飢えているものの1つは美味しくて種類が豊富なチーズ。 ということで、食後は美味しいチーズも頂きました。


b0204337_22564933.jpg



この日のお楽しみは、ご主人のDさんと、愛娘のEちゃんい会うこと。  バンクーバー滞在時は、松茸パーティーを始め、いつも美味しい手料理とホスピタリティーでもてなしてくれました。 最近6歳になったEちゃん、10ヶ月ほど会わない内に、またまたお姉さんぽくなっていました。 とは言っても、途中パパのひざの上でスプーンを目に当て、視力検査もしていましたけれど・・・。笑


b0204337_22541478.jpg


こちらは、今回Eちゃんとトロントの友人のお嬢さんにお揃いで持っていったお土産。 ヤワラート(バンコクの中華街)で購入したカチューシャです。 
ヤワラートに生地を買いに行った際見つけました。 ピンク? 水色? 何色が好きかなぁ・・・と始めは考えていたけれど、二人が喜ぶ顔を想像したら、 「えーーい、全部買ってしまえっ!」 と大人買いをしてしまいました。 1つ10バーツ(約30円なり)。  
Eちゃんもとっても喜んでくれましたが、食事中、ママのNさんもカチューシャを付けて食事をしてくれました。 水色のカチューシャをしたNさんは、ちょっとアリスのコスプレっぽかった・・・。笑 


b0204337_22384439.jpg



次に会う時はEちゃんは何歳になっているんだろう・・・、今度会う時まで覚えていてくれるかな…と思ったら、ちょっとしんみりした気分になってしまったけれど、再びNさんファミリーに会えてよかった。 この日はゴルフにお食事にとありがとうございました。 


ホテルに送ってもらった後は、1人カメラを持ってお散歩に。


b0204337_23371284.jpg



b0204337_23382067.jpg



やっぱりこの街、とっても好きです。



 
[PR]
by non_bk | 2011-06-11 15:11 | 料理
カナダ旅行中の話になりますが・・・

5月7日(土)は、コールハーバーにある友人カフェBlue Treeで夫とまったり朝食。 今回はオーナーのOさんには会えなかったけれど、こうしていると、バンコクにいることの方が短期滞在で、まだトロントに住んでいるような気すらしてしまいます。 (以前こちらをお邪魔した時の話はコチラ。)



b0204337_21411117.jpg



その後はブラブラと散歩を楽しみ、Robson St.でウィンドーショッピング。 
そして夜は、旅行前から楽しみにしていたイベントがありました。

The Listel Hotelさんで行われたチャリティー・ジャズ・コンサート、Japan Earthquake Relief Concertです。
リステルさんと賛同された、バンクーバーで活躍されるジャズ・ミュージシャンのコラボレーションで実現したこのコンサート。 チケット代やレセプションでの飲食代の全てが、東北太平洋沖地震の被災者の方への支援のため寄付されるとのこと。 ジャズを聞きながらチャリティーにも参加できる素敵なイベントとあって、楽しみに参加しました。



b0204337_2322534.jpg



会場は満席。 100人の観客を前にまずはリステル・ホテルのV・PをされているK氏がご挨拶。柔らかな笑顔と穏やかな口調に会場にも和やかな雰囲気が広がります。
伺えば、今回の震災で猪苗代にあるリステル・ホテルさんは被災をされたそうです。(ローカルの認知度も高いですが、日系のホテルです) 当初は被災者の立場から、こういったチャリティーを積極的にする事にはちょっと迷いがあられたとか。 それでも、バンクーバーから何か日本の復興のために出来る事があればと、今回の企画をされたそうです。 


b0204337_23235342.jpg



オーディエンスは日本人が多いのかと思いきや、ローカルのカナディアンが半数以上。 枠を越えて1人でも多くの人たちに震災の事を知ってもらい、支援が必要な事を理解してもらう事はとても大切なことであるとともに、多くの人がこうして実際足を運んでくれていることを目の当たりにして、とても心強く思うと共に、心が温かくなるのを感じました。



b0204337_22534229.jpg



上の写真の一番左に写っている方は、バンクーバーオリンピックの開会式(その時の話はコチラ)のテーマ曲を作曲された有名なミュージシャンとか。
ダンサーの奥様とのコラボで、ジャズ風ににアレンジをされた「荒城の月」を披露して下さいました。 月明かりを思わせるような幻想的なメロディーとダンスのパフォーマンスに会場もうっとり。 



b0204337_22325531.jpg


コンサート終了後は、ミュージシャンの方々も参加してカクテルタイム。 


b0204337_22501393.jpg



私達もチケットを取ってくれた友人達と、この日のコンサートの話やこの数ヶ月の近況報告など話は尽きず、先日美味しい朝食を頂いたリステルホテル内のO’DOULSに移動しましたが、こちらもコンサートの熱気をそのまま持ってきたような盛況ぶりで満席でした。 


b0204337_23341421.jpg





そして、この会で会えるのを楽しみにしていた人の1人が、Judy子さん。

お仕事しながらも様々なコミュニティーに属して、色々な会の幹事さんをされるなど、いつも元気でいきいきとしているJudy子さん。
今回の震災後、心を痛めていたところまでは私と一緒ですが、ここからの彼女はブログで知る限りでも凄かった・・・。
沢山の人の心を動かし、多くの企業も巻き込んで、ブリティッシュコロンビア州における非営利団体のライセンスを取得。 一枚5ドルのラッフル・チケットを60,000枚売り出したのです。 彼女、普段はカナダの会社に勤める私と何も変わらない(といったら失礼かもしれませんが・・・)一般の女性なのですよ。
*ラッフルチケットとは、チャリティーを目的とした抽選くじ。


彼女の頑張りの様子は、バンクーバーの地元日経新聞でも大きく取り上げられ、紹介されています。コチラ




b0204337_23412489.jpg


この日も、彼女の取り組みに賛同し、このラッフルの販売を一緒にしている友人の方々と、会場に出向いてチケットを販売していました。 



b0204337_23422785.jpg



バンクーバーでのみの販売になりますが、商品がまた素晴らしい!
ちょっと紹介しますと・・・

・ ラスベガス旅行 航空券&ホテル含む 2名分
・ 日本往復航空券分のエアマイル
・ Mac Book Air
・ 歯のホワイトニングギフトサーティフィケート$300分  
・ ステーキハウスKeg のサーティフィケート
 
 その他、数々のホテル宿泊や、レストランのギフトサーティフィケート、気持ちの良い所では指圧が無料で受けられる、などなど豪華商品がずらーり・・・

しつこい様ですが、JUDY子さんは一般の女性です。


詳しい商品内容、 コチラ

購入は日系プレイス、BOOK OFF、SUSHI ZERO ONE ・・・・・ 詳しくはコチラ 
その他、イベント会場での販売の情報はコチラで確認が出来ます。 


私達も もちろん購入しました !  因みに密かに狙っているのはリステルホテル・ウィスラーの宿泊&ホテル内のBear Foot Bistroのワインペアリングつきディナー(2名分)こちらののシェフはカナダ№.1 に輝いた事のある若き女性シェフ。以前スキーに行った際、お食事&ワインを頂きましたがとてもとても印象深いものでした。 因みにお食事&ワインだけでも300ドル近くになると思われます。 当たったら・・・勿論それを理由にまたカナダに遊びに行きたい♪  こんな商品が他にも沢山用意されています。



残す所販売も6/10、今週の金曜日まで。 

バンクーバーにお住まいの方、またはお知り合いがバンクーバーにいらっしゃる方。 豪華商品が当たる可能性がある上に、被災された方々のお役にもたてる素敵な企画です。 販売になかなか苦労をされているという話も聞こえてきます。 賛同して頂け、参加して頂けたらとてもとても嬉しいです。 ご存知ではない方もいらっしゃるのではと思います、友人、知人の方にも是非、是非、お声を掛けてくださいね。
 



JUDY子さん、ラッフルズ組の皆さん、ラスト・スパートがんばってください、バンコクからエールを送ります。
[PR]
by non_bk | 2011-06-05 22:25 | 旅行

タイの子供達。

お昼の気温は34℃。 


b0204337_1225799.jpg


土曜の朝から今日(日曜)の夕方まで、お付き合いがあってバンコクから2時間半ほどのところへ出かけていました。 高層ビルの立ち並ぶバンコクですが、ちょっと車で走ると、長閑な田園風景が広がります。



こちらは途中立ち寄った田舎にある小学校の景色。

右の建物は校舎。 左の車はスクールバス。 バスというけれど、後部座席は2列のシートのみ。見上げればぽっかり浮かんだ白い雲と青空が見えます。 もちろんエアコンなんてないし、シートベルトもありません。 でも、そんなことはお構いなし、楽しげにオシャベリしながら通学する子供達の姿が想像できます。



b0204337_111951.jpg



アクティビティーで綱引きをしたところ・・・



b0204337_119929.jpg



相手チームに引っ張られて全員しりもち。 でもみんな良い笑顔。


b0204337_151975.jpg



タイの子供達の純粋な眼差しと弾ける笑顔を眺めつつ、日本の被災地の子供達にも、こんな笑顔が早く戻ったら良いなと思いました。
[PR]
by non_bk | 2011-06-05 22:10 | 旅行

I'm in trouble...

先日ちらりと書きましたが、ブログの投稿が上手く行かず、旅行記も途中で足踏み状態。 同じ投稿が既に覚えているだけでも5回消えてしまいました。涙 
今日も一度消えた後、もう一度気を取り直して書いていたら、今度は写真がフリーズして投稿できず・・・。
やはり今日もカナダ旅行記を書くのは無理みたい。 

エクスプローラーのバージョンアップ以来、とにかくセンシティブで、スクロール中に別ページに勝手にジャンプして消えてしまったり、まさかの時のためのバックアップのプレビュー画面がコピペできなくなってしまったり。 この10日間ほどどれだけ時間を無駄にしたことか・・・。

ちょっとぼやきたくなりました。 
バンコクへ戻って以来どうしているのかしら・・・と心配してくれている友人の皆さま、上記トラブルで夜は少々心が折れ気味ですが、それ以外の時間はいたって元気なのでご心配なく。 
[PR]
by non_bk | 2011-06-01 23:38 | その他