2010年夏、椰子の木の似合う街 タイ・バンコクへ越して来ました。


by non_bk
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:プロンポン ( 2 ) タグの人気記事

お昼の気温は31℃。
今日も晴天。 乾期に入りピタリと雨の降らなくなったバンコクですが、ここ数日、朝や夜、雨が降るようになりました。 2月ももうすぐ終わり、季節も移ろい行くようです。


気が付けば、今月のブログのアップはなんと3件。 汗 今月はかなり活動的に過ごしたと、自分なりに充実感を感じていたけれど、私の場合困ったことに、生活の充実度とブログの充実度はどうやら反比例をするようです・・・。汗 

 
先日、友人達との初ゴルフに行ってきました。 いきなり1ホール目でバンカーにつかまりどうなるかと思ったけれど、ホールが進むにつれリラックス。 フェアウェイをキープ出来たと思えば、寄せがボロボロだったり、はたまた同じ池に2球も沈めてしまったりと、まだまだチグハグナ私のゴルフですが、何より楽しかったので良しとします。 女性ばかりでラウンドするのは初めてですが、私以外は皆さん上手、プレースタイルもとっても参考になりました。  

実は同じメンバーで、もう次の予定も入っていまして…。 でもね、先日のラウンドはレディースデーでキャディーフィー込み2500円程なり。 キレイなコースでしたし、ゴルフコースでは沢山歩いて、良い空気も沢山吸って、これ利用しないてはありませんよね?! (お願い誰か同意して… 笑)  



b0204337_1737183.jpg



もうとっくに載せていたと思ったら、まだ載せていなかった「near equal 」。 BTSプロンポン駅からソイ39へ入って間もなくの所にひっそりとお店へ繋がる小道があります。 上の写真の祠 「サーンパプーム」が目印。 

小道をそのまま進むと、現れる半オープンエアーのスペースは、都会のオアシスという言葉がピッタリ。
わが家からは徒歩圏なので、お昼ご飯に夕食に、ちょっとしたギフト探しにと良く立ち寄ります。 他にも沢山お店はありますが、気軽さや、この緑豊かなお庭とお店の雰囲気、年中無休の上、ランチから夜まで通し営業の便利さもあって、気付けば一番来ているお店かもしれません。



b0204337_1810394.jpg



敷地内には3棟の建物があって、1つはクラシックな2階建てのレストラン、もう1つが上の写真のバースペース、そしてもう1つがアクセサリーからセラドン焼きなど、センスの良い雑貨を扱うショップになっています。 食事して、ちょっとショップへ寄り道というのが、ここでの定番。


この日は入ってすぐ右手にある個室スペースでしたが、こじんまりとした2階も雰囲気あり。



b0204337_18165564.jpg


イサーンスタイル(タイ北部)のランチセットをオーダー。 カオ・ニャオ(もち米)にソムタムタイ(=青パパイアにピーナツ、トマト等を加えたスパイシーなサラダ)、そして冬瓜と肉団子の入った優しい味のクリアスープとグリルされたポーク(喉肉)がセット。

この日は暑い日にも関わらず、午前中カメラを持ってお寺を歩き回り、もうヘットヘト・・。 こういう時は、ソムタムやヤムウンセン=春雨サラダなど、スタンダードなタイの酸っぱくて甘くて、そしてスパイシーなサラダが無性に食べたくなります。 料理というのは、その土地土地の気候風土に良く合うように出来ているものですね。 喉もカラカラだったので、ナーム・マナーオ・パン=ライムのジュースも頂きました。



b0204337_18544541.jpg




本来甘い飲みものはあまり得意な方ではありませんが、シンガポール旅行時のカクテルといい、ライムのジュース、そしてゴルフの後にはスイカのジュース と、甘いの飲み物をよく飲むようになりました。 この常夏な気候にはその甘さが良く合い、暑さで疲れた体を冷やし癒してくれます。 何より、自然と飲みたくなるところがまた不思議で面白い。 


凄くオーセンティックなタイ料理を求める方には、今一物足りないのかもしれませんが、私は大好き♪ (あんまり辛いと舌がしびれるは、鼻水も出ちゃったりしてね…笑) 



b0204337_18575425.jpg



つい先日も夫と夕食に行って色々頂いて来たところです。

こちらは、バースペースのキッチン? 光に透けた感じが素敵で思わず撮ってしまいました。



b0204337_1913190.jpg


near equal
6 Soi Sukhumvit 39, Sukhumvit Rd 
0-2258-1564
ショップ10:00-21:00、レストラン&カフェ11:30-22:30
年中無休




 
[PR]
by non_bk | 2011-02-24 17:25 | レストラン&カフェ
夜の気温は27℃。

おかげ様で先週金曜日に無事船便が到着しました。 
想い出のある品、いつも普通に私の生活の中に存在していた品々に囲まれることが、こんなに心を落ち着かせ、また和ませてくれるものとは思いもしませんでした。 

荷物が届くまでは、マイホームというよりは何処か仮の住まいという、冷めた気持ちで眺めていた新居も、愛用していたラグマットをテーブルの下に敷き、クッションをソファーの上に並べ、ランプをサイドテーブルにセットし、それに合わせて家具のレイアウトも変更。 すると不思議なもので、何ともホーミーな居心地の良い私のスペースになりました。

1月半もかけて、はるばる私の元に再び戻って来た品々。 「私、こんな物まで送ったの・・・。」 と、1月半前の自分を思い浮かべ、思わず苦笑してしまうような品々も出てきますが、笑 前回、「この日を待ち焦がれていたような、あまり嬉しくないような、複雑な心境・・・」 などと横着なことを書いた自分を大きく反省しました。 やはり好きなもの、愛着のあるものに囲まれて暮らすというのはとても良いもの。

ということで、ただ今、バンコクでネスティング中(巣作り中)です。 



そんな引越し荷物の届いた先週金曜日の夜、夫と引っ越し祝いと称して、近所にある本格和食レストラン「葵」 に出掛けました。 

藍色に白で「葵」と染め抜かれた暖簾をくぐると、正面には寿司カウンター。 右手が個室、奥を左に曲がると眺めの良いレストランスペースです。


b0204337_23294797.jpg




b0204337_2343290.jpg



まずは枝豆を頼んで、きりりと冷えたビールで乾杯。


b0204337_2325792.jpg



トロントへ越した時と同じ業者さんだったこともあり、その経験から、今回も115箱のダンボールを前に延々と作業する自分を想像していたけれど、今回は嬉しいことに少々違っていました。 

責任者2人と一緒に部屋までやって来たタイ人スタッフは、覚えているだけでなんと8人! トロントの時は確か3、4人。 搬入から荷開けまで、あれよあれよという間にタイ独特の人海戦術 & バケツリレー方式で作業は進み、115箱が一時間半後にはなんと十数箱に。 驚 2人ではこうは行きません。 

ということで、私達2人、大して疲れてはいなかったはず・・・・。 ですが、「今日は好きなものじゃんじゃん頼んじゃおう♪ 」 とあれこれオーダー。  

締めには、メニューに見つけた瞬間、絶対にこれと決めていた冷たい稲庭うどん♪ 夫はとろろとメカブの乗った冷たい稲庭うどんで〆ました。


b0204337_2332871.jpg




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



そんな新居で今日撮った一枚。
タイの街門で良く売られているのを見かける花輪、タイ語で 「ポアン・マラーイ」というそうです。

身寄りの無いタイの子供達を奨学金でサポートする集まりがあり、それに昨日参加した夫が持ち帰って来ました。

  

b0204337_2345279.jpg


本来、神仏にお供えするように作られているこの花輪は、沢山のジャスミンの花を使って作られているので、芳しいとても良い香りがします。 一晩明けたところ、真っ白だったジャスミンの花が少しピンク色に変わりました。
ひと月ほど前ホテルで頂いた時には、2日後に茶色く変色したところで処分してしまったのですが、実は本来は枯れるまで処分してはいけないものだそうです。 あらら・・・汗

聞けば今回のこの花輪は、施設で育つ子供達から感謝の印として直接頂いたものなのだとか・・・。 夫も色々思うことがあったようです。
芳しい良い香りと共に、タイの子供たちの気持ちもわが家へ運んでくれました。



 



  
[PR]
by non_bk | 2010-09-15 22:05 | レストラン